中古スマホのかしこい選び方と注意点

格安SIMを比較&スマホ料金の節約法 > スマホの選び方 > 中古スマホのかしこい選び方と注意点

中古スマホのかしこい選び方と注意点

chuko.jpg格安SIMに乗り換えたくても、手元にソフトバンクのスマホしかなかったり、あまりにも古い機種のスマホしかない場合は、新たにスマホを用意する必要があります。新品でなくてもいいけど、少しでもスマホを安く手に入れたい場合は、中古のスマホを探すという選択肢もあります。現在様々な場所やインターネットで中古のスマホを購入することが可能です。購入先で一番安くスマホを手に入れるなら、ヤフオク!などのオークションサイトがオススメです。中古ショップだとある程度買取価格や販売価格が決まっているため、掘り出し物と出会える可能性は低いからです。とはいえ、中古スマホの購入には注意しなければならないいくつかのチェックポイントあるので、それを紹介するので、最低限下記の項目だけはチェックしてから購入しましょう。

チェック1.その機種が格安SIMキャリアで使えるかどうか確認する
購入しようと思っている中古スマホが、そもそも利用しようと思っている格安SIMキャリアで使えるかどうか確認する必要があります。SIMカードだけを購入して、自分のスマホに取り付ける場合、自分でちょっとした設定をしなくてはならないので、事前にその機種が動作確認済みのものであるかを確認しておきましょう。また、キャリアごとに対応機種が若干異なるので、注意しましょう。つまり、楽天モバイルでは使えるけど、マイネオでは使えないというケースもあるので、事前に動作確認済みかどうかしっかり確認してから申し込みましょう。

チェック2.赤ロムか確認する
中古スマホを購入する際、必ず確認しなければならないのは、そのスマホが赤ロムかどうかということ。ちなみに赤ロムとは、中古の携帯電話の端末を指す俗称のひとつで、割賦販売で購入された端末が支払い完了の前に中古品として流通し、その後キャリアによって利用停止にされる端末のこと。つまり、赤ロムを購入してしまうと通信が全くできなくなってしまうので注意が必要。だからこそ、購入前にそのスマホがどのような状態かチェックして、購入後も念のためスマホの端末番号を自分で確認しておきたい。ブックオフなどでは、購入した端末が赤ロムになった時点で返金してくれたりするが、基本はネットワーク利用制限が「○」のものを購入すべきで、「△」の端末(前オーナーが残金を支払い続けている可能性大)も避けた方がいい。ちなみに赤ロムが存在するのはドコモかauなどのスマホ端末のみで、SIMフリーのスマホは赤ロムならないので確認の必要はない。ちなみに下記リンクから赤ロムかそれぞれ確認できる。

NTTドコモのネットワーク利用制限確認サイト
auのネットワーク利用制限携帯電話機照会

チェック3.水没チェックの確認
suibotsu.jpgもうひとつ中古スマホを購入する際確認しておきたいのは、水没チェックです。たとえ防水仕様のスマホであっても、電源カバーをしっかり締めないで水没させてしまうと当然使いものにならなくなります。基本的に水没しているケースは稀だが、念のために確認しておこう。水没シールは最近の機種ではSIMカードスロットの中にある場合があるので、購入した際必ず確認しよう。

また中古スマホには、付属品がないものも多いのでそのあたりもしっかりと確認しよう。スマホによっては、専用の充電用の卓上ケースなどがある場合もあるので、付属していないと新たに購入しなければならなかったりと思わぬ出費になることもあるので注意しよう。

以上、最低でもこの3点はしっかり確認してから購入するようにしましょう。どこよりも安く中古スマホを安全で手に入れる方法もあわせてご覧ください。


関連記事

  1. 中古スマホを安くて安全に手に入れる方法
  2. 中古スマホのかしこい選び方と注意点

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://joshiki.net/mt-tb.cgi/6

コメントする