格安SIM(MVNO)の実効速度はどのくらい?

格安SIMを比較&スマホ料金の節約法 > 格安SIMの基本知識 > 格安SIM(MVNO)の実効速度はどのくらい?

格安SIM(MVNO)の実効速度はどのくらい?

格安SIMに乗り換える時、覚悟しておかなければならないのはNTTドコモやauなどの大手キャリアに比べて速度は確実に落ちることです。下記の表を見ていただくとわかるようにNTTドコモやau、ソフトバンクは、通信が集中して混雑するといわれている平日の昼間でも、40Mbps以上の安定した速度が出ており、ドコモについては、100Mbpsという非常に高い速度が出ています。大手キャリアに対して、格安SIM(MVNO)業者は、通信が集中する平日昼間の 時間帯は、1.0Mbpsを切る速度の業者もザラです。基本的にフルHD解像度の動画再生には、少なくとも5Mbps程度の実効速度が必要だといわれていることを考えると、動画再生を頻繁に利用する人には格安SIMに乗り換えることはおすすめできません。私自身、いくつかの格安SIM業者を利用していますが、LINEなどのSNSアプリは問題ないですが、インターネットサーフィンは、やや読み込みが遅いと実感します。唯一、安定して高い速度を保っているFREETELやUQ mobileはそれほどストレスなく利用できるのが正直な意見です。

以上のことを踏まえると、スマホではそれほど動画やネットを利用せずに、LINEなどのSNSを主に使う人にとっては確約SIMに乗り換えるのは大きなメリットがあると考えられます。自宅に無線LANなどの設備がない場合は安いからといって安易に格安SIMに乗り換えると後悔するので注意しましょう。

キャリア
NTTドコモ 85Mbps 112Mbps 97Mbps
au 95Mbps 52Mbps 73Mbps
ソフトバンク 60Mbps 45Mbps 32Mbps
       
OCNモバイルONE 22Mbps 1Mbps 1Mbps
IIJmio 49Mbps 1Mbps 2Mbps
楽天モバイル 50Mbps 1Mbps 27Mbps
BIGLOBE SIM 33Mbps 3Mbps 1Mbps
FREETEL SIM 12Mbps 5Mbps 11Mbps
mineo(au) 14Mbps 1Mbps 1Mbps
UQ mobile(au) 15Mbps 7Mbps 14Mbps



関連記事

  1. 格安SIM(MVNO)の実効速度はどのくらい?
  2. あなたにあった格安SIMが1分でわかる格安SIMチェック!
  3. 格安SIMのデメリット・格安SIMに不向きな人
  4. 格安SIMのメリット・格安SIMに向いている人
  5. 格安SIMってそもそも何?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://joshiki.net/mt-tb.cgi/20

コメントする